ビーファースト紅白レコ大2022への出場はなぜ?その理由を徹底解説!

BMSG

デビューから11月で1周年を迎えたBE:FIRST(ビーファースト)!

2022年も終わりに近づき、ついに11月16日に紅白2022の出場歌手が発表されました!

昨年は残念ながら紅白出場を果たせなかったBE:FIRST(ビーファースト)ですが、今年のBE:FIRST(ビーファースト)の活躍から見事紅白歌合戦2022に初出場することが決定しました!

そして、一足先にレコ大2022への出演も決定しました!

BE:FIRST(ビーファースト)をよく知らない方にとっては、「BE:FIRST(ビーファースト)が紅白やレコ大2022に選ばれるのはなぜ?」と思った方もいるのではないでしょうか!

ということで、今回はBE:FIRST(ビーファースト)が紅白やレコ大2022に選ばれるのはなぜなのか?その理由について詳しく見ていきましょう!

BE:FIRST(ビーファースト)レコ大2022出場決定!

なんと紅白出場よりも一足先に「第64回 輝く! 日本レコード大賞」への出演が決定しました!

「Bye-Good-Bye」 が優秀作品賞を受賞したようです!

デビューから1年での快挙です!

これにより、本日発表される紅白歌合戦2022への出演も現実味を帯びてきましたね!

BE:FIRST(ビーファースト)は紅白2022に初出場決定!

BE:FIRST(ビーファースト)の紅白歌合戦2022に出場が決定しました!

昨年はまだデビューして間もなかったことから紅白出場とはなりませんでしたが、今年は日本3大フェス制覇を初め、数々のライブに出演したり、CDやアルバムのリリース、また数々の音楽番組に出演するなど目覚ましい活躍を見せていますよね。

ここからは具体的に紅白選考基準と照らし合わせて、BE:FIRST(ビーファースト)が紅白2022へ出場できるのはなぜか、その理由を解説していきたいと思います。

紅白歌合戦2022の選考基準は?

紅白歌合戦2021の選考基準は、『今年の活躍』『世論の支持』『番組の企画・演出』の3点を中心に、「データを参考資料として検討のうえ、総合的に判断」したとNHKから公式に発表されています。

紅白歌合戦2022の選考基準はまだ発表されていませんが、恐らく例年通りだと考えます。

そして『今年の活躍』には、4つの指標があります。

『今年の活躍』の指標まとめ
①CD・DVD・Blu-rayの売り上げ
②インターネットでのダウンロード・ストリーミング・ミュージックビデオ再生回数・SNS等についての調査
③有線・カラオケのリクエスト等についての調査
④ライブやコンサートの実績
また、『世論の支持』は以下の2つを基にしているようです。
『世論の支持』に関わる調査まとめ
①7歳以上の全国3553人を対象にNHKが行った「ランダムデジットダイヤリング」方式による世論調査「紅白に出場してほしい歌手男女各3組」の結果
②7歳以上の全国8000人を対象にNHKが行ったウェブアンケート調査「紅白に出場してほしい歌手男女各3組以上10組まで」の結果
※ランダムデジットダイヤリング(RDD)方式とは、コンピューターで無作為に数字を組み合わせた番号に電話をかけ、調査を行うアンケート手法です。

BE:FIRST(ビーファースト)紅白やレコ大2022への出場はなぜ?

さて、紅白歌合戦出場歌手の選考基準は理解して頂けましたでしょうか?

それでは、実際にBE:FIRST(ビーファースト)が紅白歌合戦2022になぜ出場できるのか選考基準の項目別に細かく見ていきたいと思います。

ビーファースト紅白やレコ大2022出場はなぜ?:今年の活躍から調査

まずは、BE:FIRST(ビーファースト)の『今年の活躍』から調査してみました。

CD・DVD・Blu-rayの売り上げ

BE:FIRST(ビーファースト)は、2021年にデビュー曲「Gifted.」をリリース。

2022年には、2ndシングル「Bye-Good-Bye」と1stアルバム「BE:1」をリリースしています。

タイトル オリコン週間シングル・アルバムランキング
Gifted. 最高2位(初週売上19.4万枚)
Bye-Good-Bye 最高3位(初週売上13.9万枚)
BE:1 最高1位(初週売上16.1万枚)

1stアルバム『BE:1』(ビーワン)は、初週16.1万枚を売り上げ、9月6日発表の「オリコン週間アルバムランキング」で初登場1位を獲得しました。

1stアルバムでの初週売上10万枚超えは、Ado、なにわ男子に続く今年度3作目の快挙です!

管理人
管理人

CDリリースしたシングル・アルバムともに好調な売れ行きですね!

ダウンロード・ストリーミング・MV再生回数

続いて、BE:FIRST(ビーファースト)のインターネットでのダウンロード・ストリーミング・MV再生回数について見てみましょう。

CDリリースした曲の他に、プレデビュー曲「Shining One」、「Kick Start」、「Brave Generation」、「Betrayal Game」をそれぞれデジタルリリースしています。

タイトル チャート 最高順位
Shining One

オリコン週間デジタルシングルランキング 1位
オリコン週間ストリーミングランキング 1位
オリコン週間YouTubeチャート
3位
Billboard JAPAN Download Songs 1位
Billboard JAPAN ストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs” 2位
Billboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”
2位
Billboard JAPAN Hot Buzz Song 1位
MV再生回数3197万回※  
Kick Start  オリコン週間デジタルシングルランキング 1位
MV再生567万回※  
Gifted. Billboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100” 1位
ビルボード “Hot Trending Songs” 1位
オリコン週間ストリーミングランキング 1位
iTunes総合ソングランキング 1位
LINE MUSIC ウィークリー ソング Top100 1位
他、各種音楽チャート40冠
MV再生回数2159万回※
Bye-Good-Bye Billboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100” 1位
Billboard JAPAN ストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs” 2週連続1位
オリコン週間ストリーミングランキング 1位
オリコン週間デジタルシングルランキング 1位
ストリーミングの累計再生回数1億回を突破
MV再生回数2892万回※
Brave Generation J-WAVE SAISON CARD TOKIO HOT 100 4連覇
iTunes総合ソングランキング 1位
オリコン週間デジタルシングルランキング
2位
MV(リリックビデオ)再生回数494万回※  
Betrayal Game オリコン週間デジタルシングルランキング 1位
オリコン週間ストリーミングランキング 1位
Billboard JAPAN Hot Buzz Song 1位
Billboard JAPAN Download Songs 1位
Billboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100” 3位
Billboard JAPAN ストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs” 4位
MV再生回数1525万回※
BE:1 週間デジタルアルバムランキング 2位

※2022年11月現在のMV再生回数

さらに、 日本レコード協会『ストリーミング認定』で「Gifted.」プラチナ認定「Bye-Good-Bye」とプレデビュー曲「Shining One」はゴールド認定されています。

管理人
管理人

ダウンロード・ストリーミング・MV再生回数においても、華々しい記録を残していますね!

ライブやコンサート実績

BE:FIRST(ビーファースト)は、デビュー以来ライブやコンサートも積極的に開催しています。

さらに今年は、大型フェスへも続々と参加し、話題となっていましたね!

単独ライブ
開催年 タイトル 詳細
2021年 “FIRST” One Man Show -We All Gifted.- 全1会場2公演
2021年~2022年 1st Fan Meeting -Hello My BESTY- 2021 全5会場10公演
2022年 “Bye-Good-Bye” One-day One Man Show 全1会場2公演
2022年~2023年 BE:FIRST 1st One Man Tour “BE:1”
2022-2023
全18会場25公演
出演したフェスやイベント
開催年 イベント名 会場
2021年 SUPERSONIC 2021 ZOZOマリンスタジアム
MTV LIVE MATCH ぴあアリーナMM
J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021supported by CHINTAI 六本木ヒルズアリーナ
バズリズム LIVE 2021 横浜アリーナ
SAPPORO COLLECTION 2021 ONLINE WINTER Edition 宮の森フランセス教会
MTV VMAJ 2021 -THE LIVE- 東京都内某所
2022年 LIVE FOR THE NEXT LINE CUBE SHIBUYA
SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022 Zepp Haneda
第34回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2022 SPRING/SUMMER 国立代々木競技場第一体育館
JFN EARTHDAY SPECIAL TO THE FUTURE From INI 東京都内某所
VIVA LA ROCK 2022 さいたまスーパーアリーナ
MTV LIVE MATCH 2022.05.29 ぴあアリーナMM
THE STAR NEXTAGE
ぴあアリーナMM
マリンメッセ福岡
ROCK IN JAPAN FESTIVAL 202 千葉市蘇我スポーツ公園
SUMMER SONIC 2022 ZOZOマリンスタジアム
音楽と髭達 2022-My Home Town- HARD OFF ECOスタジアム新潟
Rolling Stone Japan LIVE 5th ANNIVERSARY SPECIAL Supported by Tポイント さいたまスーパーアリーナ
BMSG FES ’22 富士急ハイランド
  AAA(Asia Artist Awards)2022 (出演予定) 名古屋日本ガイシホール

BE:FIRST(ビーファースト)は現在も初の全国ホールツアー真っ最中で、来年にかけて全国を回る予定です。

そして2022年はデビューして1年経たない間に日本の3大音楽フェスも制覇し、アジアの有名な音楽祭であるAAA(Asia Artist Awards)への出演も決定しています!

これは日本国内の活躍にとどまらず、海外での活躍に大きく前進した形となり、デビュー1年のグループとは思えない数々の実績をBE:FIRST(ビーファースト)は積み上げているので、紅白への出場が決定してもおかしくないですね!

SNS等についての調査

それでは、SNSについてはどうでしょうか?

BE:FIRST(ビーファースト)のSNS公式アカウントは、インスタグラム、ツイッター、TikTokチャンネル、YouTubeチャンネルと4つあります。

SNS公式アカウント 登録者数※
インスタグラム 42.1万人
ツイッター 28.6万人
TikTokチャンネル 23.4万人
YouTubeチャンネル 56.4万人

※2022年11月時点の登録者数

BE:FIRST(ビーファースト)のSNS公式アカウントでは、各メディアへの出演情報やライブ・新曲ごとのビジュアル写真、MVやダンス動画など、日々様々なコンテンツが展開されています。

またSNS上でのファンの反応も活発で、音楽番組出演の際などにBE:FIRST(ビーファースト)関連のツイートが世界トレンド1位を獲得することもしばしば!

こうしてSNSで話題に上がることも、BE:FIRST(ビーファースト)の人気の表れと言えるのではないでしょうか。

有線・カラオケのリクエスト等についての調査

有線・カラオケのリクエスト等についても調べてみました。

まず有線ですが、BE:FIRST(ビーファースト)はデビュー当時からラジオへの出演を数多くしてきています。

地方のラジオ番組へのゲスト出演や、自分たちのレギュラー番組も担当しています。

BE:FIRST(ビーファースト)ラジオのレギュラー番組まとめ
・BE:FIRSTのBE:TALK(MIX YOUTH RADIO内)/ CBCラジオ(毎週金曜22:45~22:55)
・SPARK(番組終了)/ J-WAVE (毎週月曜24:00~25:00)
・MILLION BILLION / J-WAVE(毎週土曜 17:00~17:54)
CBCラジオの「MIX YOUTH RADIO」という番組内では、愛知県出身のメンバー3人(シュント、リュウヘイ、リョウキ)が「BE:FIRSTのBE:TALK」というレギュラー番組を毎週担当しています。

2022年からは、J-WAVE「SPARK」でBE:FIRST(ビーファースト)メンバー全員での初のレギュラー番組も始まりました。

現在は「SPARK」が終了し、新たにJ-WAVEで「MILLION BILLION」というレギュラー番組が開始しています。

こちらは土曜日の夕方17:00~17:54に放送されており、この時間帯でのレギュラー番組はBE:FIRST(ビーファースト)の注目度の高さを表しているようですね。

そして、2022年1月にデジタルリリースした「Brave Generation」がJ-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」で、今年最長連覇記録の4連覇を果たしました!

また、USEN HIT J-POPランキングではこれまでに「Bye-Good-Bye」がトップ10入りをしています。

2022年は街中でBE:FIRST(ビーファースト)の曲を聴く機会が増えましたよね!

また、ラジオだけでなくカラオケでも、BE:FIRST(ビーファースト)とのコラボが増えています。

今回は1stアルバム「BE:1」の発売を記念して、課題曲を歌うと抽選でプレゼントが当たるキャンペーンや、コラボドリンクの提供などが行われています。

このようにラジオやカラオケでも、2022年のBE:FIRST(ビーファースト)の活躍が窺えますね!

ビーファースト紅白やレコ大2022出場はなぜ?:世論の支持を調査

さて、次は世論の支持について見ていきましょう。

こちらは7歳以上の国民を対象にしたアンケートで「紅白に出場してほしい歌手」について調査しているとのことで、実際のアンケート結果についてはわかりませんが、BE:FIRST(ビーファースト)の認知度や人気は確実に高まっています!

2022年はテレビでBE:FIRST(ビーファースト)を見ることも多かったですよね。

新曲のリリースごとに歌番組などに出演していて、2022年4月からは半年にわたってBE:FIRST(ビーファースト)の初冠番組「BE:FIRST TV」も放送されていました。

また、公の選考基準にはされていませんが、NHKの番組の主題歌を歌っていたり、複数回番組に出演していることが選考基準に少なからず影響していると、例年の紅白出場者の方たちを見るとわかります。

そこで、BE:FIRST(ビーファースト)のNHK番組への出演歴について調べてみました。

BE:FIRST(ビーファースト)のNHK番組への出演まとめ

  • 沼にハマって聞いてみた(3月15日)
  • うたコン(9月27日出演)
  • Venue101(5月14日出演)
  • Venue101Extra(7月3日出演)
  • Venue101 Presents BE:FIRST LIVE SPECIAL(10月24日出演)
「Venue101 Presents」は1組のアーティストに焦点を絞ったスピンオフ特番で、BE:FIRST(ビーファースト)の注目度の高さがわかりますね!
歌番組への出演も多く、さらにNHK番組への出演も複数あることから、認知度や注目度はますます上がっているのではないでしょうか!?
さらに、ツイッター上の紅白予想では・・・

なんと候補者リストの中にBE:FIRST(ビーファースト)の名前があります!

BE:FIRST(ビーファースト)の紅白2022出場にますます期待が膨らみますね!

ビーファースト紅白やレコ大2022出場はなぜ?:番組の企画・演出から調査

そして、3つ目の項目「番組の企画・演出」からも考察してみましょう。

紅白歌合戦2022のテーマは『LOVE&PEACE‐みんなでシェア‐』です。

「上り詰める、だけど蹴落とさない。媚びない、だけど誰も否定しない。自分である、だから人を愛する」という理念のもとに誕生し、常に「愛し愛されるグループでありたい」と願うBE:FIRST(ビーファースト)。

そしてSNSでの拡散力に定評のあるファンダムBesty。

BE:FIRST(ビーファースト)は、紅白歌合戦2022のテーマにぴったりなグループと言えるのではないでしょうか。

BE:FIRST(ビーファースト)の歌から愛や希望をもらい、みんなとシェアする、そんな大みそかを過ごしたいですね!

BE:FIRST(ビーファースト)紅白2022に出場したら何を歌う?

最後に、BE:FIRST(ビーファースト)が紅白2022に出場したら何を歌うのか、予想してみたいと思います。

紅白歌合戦に初出場した歌手の歌う曲は例年、デビュー曲もしくはその年にヒットした曲である傾向があります。

そして、一足先に出演を決めたレコ大では「Bye-Good-Bye」が受賞しており、こちらの曲を披露することが決定しています!

なので、BE:FIRST(ビーファースト)の場合、デビュー曲「Gifted.」か2022年に数々の記録を残した「Bye-Good-Bye」を歌うのではないかと予測します!

ツイッターでの意見も少し見てみましょう。

やはり皆さん、「Gifted.」「Bye-Good-Bye」と予想されている方が多いですね。

レコード大賞では、「Bye-Good-Bye」で優秀賞を受賞しているため、紅白歌合戦2022でも「Bye-Good-Bye」の可能性が高いかもしれません。

ただ、メドレーで数曲披露されるアーティストもいるので、まだわかりませんね!

管理人
管理人

BE:FIRST(ビーファースト)が紅白2022に出場したら何を歌うのか、色々と予想をしながら楽しみにタイムテーブルの発表を待ちましょう!

まとめ

いかがでしたか?

BE:FIRST(ビーファースト)が紅白歌合戦やレコード大賞2022になぜ出場するのか、その理由について理解して頂けましたか?

BE:FIRST(ビーファースト)が今年、飛躍的に活躍の幅を広げており、紅白2022の出場者に選ばれても不思議ではないことがわかりましたよね。

管理人
管理人

最後までお読み頂きありがとうございました。

BE:FIRSTの曲について知りたい方!

現在発売中の1stアルバムはこちらです!

created by Rinker
¥3,674 (2022/11/30 14:44:19時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

タイトルとURLをコピーしました