鍵山優真のあだ名はユマチ!いつから?その理由は?父のあだ名も紹介!

選手

北京オリンピックに初出場して、大活躍の鍵山優真選手

フィギュアスケート団体の男子フリー演技で、ほぼパーフェクトな演技を披露し、史上4人目となるフリーでの200点超えを果たしました!

そんな鍵山優真選手はファンの中では「ユマチ」というあだ名で呼ばれています!

そして、コーチである父の鍵山正和さんもファンの中では「パパチ」とあだ名がついており、親子揃ってあだ名で呼ばれ親しまれています!

このあだ名の由来が気になりますよね?

ということで、今回は鍵山優真選手のあだ名の由来や理由、いつ頃から呼ばれているのかについて調査していきます!

鍵山優真選手のあだ名は「ユマチ」で父のあだ名は「パパチ」

現在、大注目のフィギュアスケート男子の鍵山優真選手は、彼と同じくらいコーチの父である鍵山正和さんにも注目が集まっており、ファンの中では鍵山親子を「ユマチ」&「パパチ」とあだ名で呼んでしまうほどの愛されキャラになっています!

「ユマチ&パパチ」

なんだかかわいいあだ名ですよね!

鍵山優真選手のあだ名「ユマチ」と父である鍵山正和さんのあだ名「パパチ」の理由は何でしょうか?

次はあだ名の理由について見ていきましょう!

鍵山優真選手のあだ名「ユマチ」父「パパチ」の理由は?

鍵山優真選手のあだ名「ユマチ」の理由は、おそらく「ゆうまっち」という愛称から変化して「ゆまち」や「ユマチ」になったのではないでしょうか?

見た目のかわいさから親しみやすい「ユマチ」というあだ名がついたのではないでしょうか!

そして、鍵山優真選手のあだ名「ユマチ」がファンの間で定着してから、父である鍵山正和さんのことを「パパチ」とあだ名で呼ぶファンが出てきて、こちらも定着していったと思われます!

鍵山優真選手のあだ名「ユマチ」はいつから?

鍵山優真選手のあだ名はいつから「ユマチ」になったのでしょうか?

鍵山優真選手のSNSで振り返ってみました!

2018年のジュニア時代は、ファンの間ではまだ「優真くん」、「鍵山くん」と呼ばれていますね!

2019年に入ると、フジテレビの公式Twitterで「ゆまちスマイルで」と書かれていたり、友人のTwitterでハッシュタグが「#ゆまち」になっていたりと、少しずつ「ゆまち」が出てきていますが、まだファンの間では、「優真くん」「鍵山くん」と呼ぶ方が多かったです!

2019年全日本ジュニアで優勝、全日本選手権で銅メダルを獲得すると、鍵山優真選手に今まで以上に注目が集まるようになり、この頃から、「ゆうまくん」「鍵山くん」という呼び名に混じって、「ゆまちくん」というあだ名をちらほら見かけるようになりました!

2020年には、フィギュアスケートの先輩である無良崇人選手も「#ゆまち」に合わせて、自身のことを「#むらっち」とつけるなど、鍵山優真選手のあだ名「ユマチ」が浸透してきているのがわかります!

そして、鍵山優真選手の活躍に合わせて、テレビでも特集されるようになり、ファンも増えていったことで「ユマチ」というあだ名が定着してきたのかもしれませんね!

そして、今ではすっかりみんなに「ゆまち」と呼ばれて、愛されている鍵山優真選手です!

そして、鍵山優真選手が活躍する横には、必ず父である鍵山正和さんがいます!

2人の親子の絆を見て、コーチであり父である鍵山正和さんにも「パパチ」という、鍵山優真選手とお揃いのあだ名がついたようです!

2人がファンの方たちから愛されている証拠ですね!

まとめ

いかがでしたか?

鍵山優真選手は「ユマチ」、コーチである父の鍵山正和さんは「パパチ」というあだ名でファンの間で親しまれていましたが、その理由は、はっきりとはわかりませんが、

鍵山優真選手のかわいさや、親しみやすさからあだ名がついたのではないでしょうか!

そして、コーチである父も同様に鍵山優真選手のファンの中では愛されキャラになっており、お揃いの「パパチ」というあだ名がついたのではないでしょうか!

鍵山親子はみんなに愛されている証拠ですね!

これからも鍵山親子「ユマチ&パパチ」を応援していきましょう!

管理人ママ
管理人ママ

最後までお読み頂きありがとうございました♪

 

 

タイトルとURLをコピーしました