鍵山優真選手のプロフィールや戦績まとめ!ジュニアからシニアまで!

選手

北京オリンピックで、男子フィギュアスケート日本代表として見事銀メダルを獲得した鍵山優真選手!
初めての大舞台で堂々とした演技に感動した人も多いのではないでしょうか!

まさに、次世代のフィギュアスケートを引っ張っていく存在ですね!

スケートを始めたきっかけは、お父さんの影響だったそうです。

そのお父さんというのが実は、元フィギュアスケート日本代表で2度のオリンピック出場を果たしている鍵山正和さん

現在、鍵山優真選手のコーチも務めています。

鍵山優真選手のジュニア時代やシニア時代のこれまでの戦績が気になりますよね?

そこで今回は、コボちゃんのような可愛さで人気の鍵山選手のプロフィールとジュニアからシニアまでの戦績を当時のかわいい写真とともにまとめてみました。

鍵山優真選手のプロフィール


☆本名:鍵山 優真(かぎやま ゆうま)
☆生年月日:2003年5月5日
☆年齢:18歳(2022年1月時点)
☆血液型:O型
☆出身地:神奈川県横浜市
☆身長:160cm
☆体重:51kg
☆趣味:ゲーム、音楽鑑賞、YouTube鑑賞
☆好きなキャラクター:スヌーピー
☆好きな食べ物:卵かけご飯、鍋
☆憧れの選手:宇野昌磨選手、ネイサン・チェン選手
☆所属:オリエンタルバイオ社

父親の仕事の関係で、横浜市から、富山県→長野県と引っ越ししているそうです。
憧れの宇野昌磨選手と、オリンピックへ出場が決まってきっと嬉しかったのではないでしょうか!

鍵山優真選手の戦績まとめ

フィギュアスケート元日本代表の父親兼コーチでもある、鍵山正和さん
そんな父親の仕事場について行き、滑っているうちに楽しくなったと話しています。

本格的にスケートを始めたのは、5歳から。
では、鍵山優真選手の戦績はどのようなものなのか?

ノービス・ジュニア・シニアに分けてまとめてみました。

ノービス時代の戦績

鍵山優真選手のノービス時代の戦績はこちらです!

2012年 第16回全日本フィギュアスケートノービス選手権Bクラス 7位
2013年 第17回全日本フィギュアスケートノービス選手権Bクラス 6位
2014年 第18回全日本フィギュアスケートノービス選手権Aクラス 14位
2015年 第19回全日本フィギュアスケートノービス選手権Aクラス 4位

ノービス時代の関東選手権では、なんと4連覇を成し遂げているようです。
2015年の全日本選手権では、4位という結果まで成長しています。

ジュニア時代の戦績

鍵山優真選手のジュニア時代の戦績はこちらです!

2016年
全日本フィギュアスケートジュニア選手権 11位

2017年
全日本フィギュアスケートジュニア選手権 12位

2018年
アジアフィギュア杯 ジュニアクラス 優勝

ISUジュニアグランプリ JGPカナダ 4位
ISUジュニアグランプリ JGPアルメニア杯 2位
全日本フィギュアスケートジュニア選手権 5位
全日本フィギュアスケート選手権 6位

2019年
2019年チャレンジカップ 2位

ISUジュニアグランプリ クールシュヴェル 優勝
ISUジュニアグランプリ バルティック杯 2位
全日本フィギュアスケートジュニア選手権 優勝
全日本フィギュアスケート選手権 3位

2020年
ISUジュニアグランプリファイナル 4位


2018年のアジア大会では、国際大会で初出場し初優勝を達成しています!

2018年ジュニアグランプリシリーズでも上位に入賞または、表彰台にも上がっています!

2019年のジュニア全日本選手権では、高校生ながら表彰台に上る成績でした!

2019年のグランプリシリーズでも優勝しています!

ジュニア時代からすでに表彰台の常連になっており、頭角を表していますよね!

シニア時代の戦績

鍵山優真選手のシニア時代の戦績はこちらです!

2020年
ユースオリンピック 優勝

四大陸フィギュアスケート選手権 3位
グランプリシリーズ
NHK杯 優勝
全日本フィギュアスケート選手権 3位
2021年
世界フィギュアスケート選手権 2位グランプリシリーズイタリア杯 優勝
グランプリシリーズフランス杯 優勝
全日本フィギュアスケート選手権 3位 ⇒北京オリンピック代表に内定2022年
北京オリンピック 銀メダル獲得

 

ジュニア時代から、だんだんと成績を上げてきた鍵山優真選手ですが、シニアに入ると、さらに飛躍して世界が注目する選手になっていきます!

四大陸選手権では羽生結弦選手と一緒に表彰台に上りました!

堂々の銅メダルを獲得しました!

そして、シニアデビューシーズンに世界選手権で銀メダルを獲得し、世界が驚きました!

鍵山優真選手、2020年シーズンの関東選手権で、世界歴代5位相当の287.71点を出し、シニアデビューをしています。
しかし、その得点でも満足感はなく「もうちょっとやれたかな。」と落ち着いた様子だったようです。

2021年12月には、フィギュアスケート世界ランキング1位に輝き、さらに注目される存在になりました。

そして、初出場の北京オリンピックでは、フィギュアスケート団体男子フリーの演技で、世界歴代3位となる200点超えを果たし、1位になりました!

ネイサン・チェン、羽生結弦に次ぐ3人目の快挙です!

ランキング名前得点大会日付
ネイサン・チェン224.92グランプリファイナル2019.12.07
羽生結弦212.99グランプリシリーズ
カナダ大会
2019.10.26
鍵山優真208.94北京オリンピック団体戦2022.02.06

すごいですよね!

そして、北京オリンピック男子シングルで堂々の銀メダルを獲得しました!

ショートプログラムでは鍵山優真選手らしく、楽しいそうに滑っている姿が印象的でしたね!

そして、フリーはオリンピックで初めて緊張したと話していましたが、堂々とした演技で世界中を魅了していました!

まとめ

いかがでしたか?フィギュアスケート日本男子代表鍵山優真選手のプロフィールや戦績について理解して頂けましたか?

元日本代表の父親の影響で5歳からスケートを始める
ノービスの関東大会では、4連覇を獲得、全日本では4位
ジュニアで初の国際大会に出場し、初優勝
2020年10月にシニアデビュー
2021年12月に世界ランキング1位獲得
2022年北京オリンピックで団体銅メダル、男子シングル銀メダル獲得

今では、表彰台が当たり前の選手ですね。
親子揃って、フィギュアスケート日本代表にまで昇り詰める、すごい選手ということが分かりました。

そして、初めてのオリンピックの舞台でメダルを2つも獲得した素晴らしい経歴の持ち主です!

鍵山優真選手のプロフィールやジュニアからシニアまでの戦績について詳しくまとめてみました。

管理人ママ
管理人ママ

最後までお読み頂きありがとうございました♪

 

タイトルとURLをコピーしました