森保一監督の年俸推移は?歴代日本監督や世界の中でのランキングは?

スポーツ

今回はカタールワールドカップでドイツ代表、スペイン代表を破り、日本代表をベスト16まで導き、日本中を熱狂させた森保一監督!

代表監督の続投も決まり、次のワールドカップに向けてますます注目が集まっていますね!

森保一監督の年棒はいったいどれくらいなの?

森保監督の選手時代、監督時代の年棒推移を見てみたいですよね。

過去の日本代表監督の年棒ランキング、世界の代表監督の年棒ランキングの中では何番目なの?

というわけで、今回は森保一監督の選手時代から監督時代までの年俸推移や、歴代日本代表監督の年棒ランキングや世界の代表監督の年棒ランキングまで解説していきます!

どうぞ、最後までご覧ください!

森保一監督の年俸推移まとめ!

ご覧の通り、日本サッカー協会は2026年に北米3カ国で開催される次回ワールドカップまで代表監督を続投することを発表しました。

気になる年棒ですが、近日中に契約を交わす見通しとなります。

詳しくは下の日本代表監督時代の年棒に記載がありますのでご覧ください!

森保一監督の選手時代の年俸推移は?


まず始めに森保一監督の選手時代の年俸を見てみましょう!

所属チーム 年俸額
1992~2001 サンフレッチェ広島 分かり次第UPします
1998 京都パープルサンガ レンタル移籍のため不明
2002 ベガルタ仙台 1300万円
2003 ベガルタ仙台 1500万円

森保監督は現役時代ほとんどサンフレッチェ広島に所属しておりました。

1992年にオフト監督が日本代表監督に就任すると、当時無名の森保一選手が大抜擢で日本代表に選出されました。

ワールドカップアメリカ大会アジア最終予選に出場し、ドーハの悲劇を経験します。

その後も、サンフレッチェ広島でプレーを続けていましたが、クラブの経営悪化のため、京都パープルサンガにレンタル移籍として放出となります。

2002年に京都時代の監督に誘われて、ベガルタ仙台に移籍しました。

そして2003年シーズン末に仙台がJ2に降格、自身も戦力外通告を受け、2004年1月に正式に現役引退を表明しました。

森保一監督の現役時代の最終年俸は1500万円です。

森保一監督の監督時代の年俸推移は?


2012年、古巣のサンフレッチェ広島監督に44歳で就任しました。

初年にいきなり優勝、そして翌2013年に連覇を達成。

そして、2015年に3度目の優勝にチームを導きました。

それでは、森保一監督のJリーグ監督時代の年俸を見てみましょう!

所属チーム 年棒額 成績
2012 サンフレッチェ広島 3000万円 Jリーグ優勝
2013 サンフレッチェ広島 3600万円 Jリーグ優勝
2014 サンフレッチェ広島 5000万円 8位
2015 サンフレッチェ広島 5000万円 Jリーグ優勝

FIFAクラブワールドカップ3位

2016 サンフレッチェ広島 6000万円 6位
2017 サンフレッチェ広島 7000万円 7月に退任

Jリーグを優勝しても、600万円しか上がらないのは驚きですね!

連覇しても初年度の年俸から2000万円しか上がっていません。

ちなみにプロ野球ではセ・リーグ連覇を果たしたヤクルト・高津臣吾監督の年俸は1億円です。

高津監督が就任したときの年俸が7000万円だったので、3000万円のアップとなっています。

続いて、日本代表監督時代の年棒を見てみましょう!

オリンピック代表 日本代表 成績
2018 4800万円
2019 4800万円 1億5000万円 A代表アジア杯準優勝
2020 4800万円 1億5000万円
2021 4800万円 1億5000万円 東京オリンピック4位
2022 1億5000万円 W杯カタール大会ベスト16
2023 推定2億円

2017年10月に東京オリンピック代表監督に就任。2018年7月から日本代表監督との兼任となります。

実際、J1のG大阪やFC東京から来季監督のオファーが年俸8000万円で届いていましたが、森保一監督は「母国開催となるオリンピック代表監督というやり甲斐を大事にしたい」と断ったそうです。

オリンピック代表監督4年と日本代表監督4年で総額7億9200万円です。

2019年~2021年の3年間は年棒1億9800万円とJリーグ監督時代と比べて、約2.8倍の年棒アップとなっていますね。

そして、2022年12月28日に日本代表監督の続投が決まりました!

これまでから5000万円アップの推定年俸2億円の2年契約で契約書を交わす見通しです。

2026年ワールドカップ米国・カナダ・メキシコ大会までの2年の契約延長が基本線で、実質4年契約となる見込みです。

 

森保一監督の年俸は歴代日本代表監督年俸ランキングで何位?


次に歴代日本代表監督のランキングを発表します!

ランキング 日本歴代代表監督 就任期間 年俸額
1位 アルベルト・ザッケローニ 2010年8月~2014年6月 2億8000万円
2位 バビド・ハリルホジッチ 2015年2月~2018年4月 2億7000万円
3位 ジーコ 2002年7月~2006年6月 2億2000万円
4位 アギーレ 2014年7月~2015年2月 2億円
5位 森保一 2018年10月~現在 1億5000万円

1位はザッケローニ監督2億8000万円です。

ザッケローニ監督の経歴はイタリアセリエAのビッククラブであるユヴェントスやインテルなどの指揮官を歴任し、ミランを率いた1998-99シーズンには、スクデットを獲得している監督です。

しかし、ブラジル大会ではグループリーグ敗退と結果を残せませんでした。

2位のハリルホジッチ監督はコートジボワール代表、アルジェリア代表監督を経て日本代表監督に就任していますが、アジア予選を通過後、本大会前に解任されました。

ハリルホジッチ監督の退任後、日本代表監督に就任した西野朗監督の年棒は1億2000万円でした。

結果、ロシア大会ではベスト16まで導きました。

3位のジーコ監督はドイツ大会ではグループリーグ予選敗退しております。

森保一監督は、歴代日本代表監督のランキングの中では現在5位となります!

続投後の年俸は、推定2億円と報道されているため、歴代日本代表監督のランキングの中では4位になるのではないでしょうか!

分かり次第追記します!

日本の代表監督は、日本人の時の方がいい成績を収めていますね!

それでも、日本人監督の年棒はまだまだ低いです。

森保一監督の年俸は世界のW杯代表監督年俸ランキングで何位?


森保一監督の世界の代表監督の年棒ランキングはこちらです!

ランキング 世界のW杯代表監督 年俸額
1位 ドイツ  ハンジ・フリック 約9億5000万円
2位 イングランド ガレス・サウスゲート 約8億5000万円
3位 フランス ディディエ・デシャン 約5億6000万円
4位 ブラジル チッチ 約5億3000万円
5位 オランダ ルイ・ファン・ハール 約4億2600万円
5位 メキシコ ヘラルド・マルティーノ 約4億2600万円
7位 アルゼンチン リオネル・スカローニ 約3億8000万円
8位 カタール フェリックス・サンチェス・バス 約3億5000万円
9位 ポルトガル フェルナンド・サントス 約3億3100万円
10位 スイス ムラト・ヤキン 約2億3500万円
森保一監督は約1億5000万円でランキングが18位でした。

ちなみにアジアで見てみると、

1位がカタールのフェリックス・サンチェス・バス監督が約3億5000万円

2位がオーストラリアのグラハム・アーノルド監督で約1億9000万円

同じく2位が韓国のパウロ・ベント監督の約1億9000万円

4位がサウジアラビアのエルヴェ・ルナール監督の約1億6000万円

5位が日本の森保監督となっています。

ちなみにアジア6か国中ランキング5位です。

森保一監督の年棒はアジアでも少ないですね!

今後、日本の監督業への評価が高くなり、年俸額が上昇していくといいですね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は森保一監督の選手時代、監督時代の年俸推移、歴代日本監督の年棒ランキングや世界の代表監督の年棒ランキングを解説していきました!

Jリーグ監督時代の年俸はプロ野球の監督と比べてみると、意外と低いことには驚きですよね!

また、歴代日本代表監督、世界の代表監督でのランキングをみても、海外の監督に比べて森保一監督の年棒が低いことが分かります!

世界でも日本人の給料の低さが話題になっていますが、ワールドカップで結果を残しているサッカーの監督の年棒も世界と比較しても低いことには驚きですよね!

今後の日本サッカーの発展のため、日本代表の躍進のため、森保一監督には次のワールドカップに向けて頑張って欲しいですね!

管理人
管理人

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました