安部元総理の国葬はすべて税金!費用はいくら?無駄遣いって本当?

イベント

安部元総理の国葬が9月27日に日本武道館で行われることが決定しましたが、日本国内でも賛否両論意見が分かれていますね。

その大部分が、安倍晋三元総理の葬儀の形式が国葬となり、費用はすべて国の税金で賄われるため、国民が納めた税金の無駄遣いなのではないかという厳しい意見が目立ちます!

安部元総理の国葬にかかる費用はいくらぐらいなのでしょうか?

歴代の総理大臣の葬儀にかかった費用を参考に、安部元総理の国葬にかかる費用を予想していきましょう!

ということで、今回は安部元総理の国葬にかかる税金はいくらくらいで、それは本当に無駄遣いなのか、様々な情報を元に検証していきます!

どうぞ最後までお読みください!

歴代の総理大臣の国葬にかかった費用はいくら?

戦後、国葬令が廃止になって以降、元内閣総理大臣の葬儀は合同葬として、一部を国費で支払い、残りは遺族や政党が支払うという形で行われてきました!

国葬の場合、費用はすべて国費(税金)で支払われます!

歴代の元総理大臣の葬儀にかかった費用と、そのうち国費(税金)から支払われた費用の内訳はこちらになります!

 

歴代総理大臣の葬儀費用の一覧
※約〇〇万円と書かれた部分は詳細な数値は不明な部分です。詳細な数値はわかり次第追記します!

 

戦後に国葬令が廃止になってから、国葬として執り行われ、全額国費(税金)で支払われた元総理大臣は吉田茂元総理たった一人です!

その他の歴代総理大臣の葬儀は、国民葬の佐藤栄作元総理、あとは皆合同葬として内閣と国が折半で費用を支払ってきました!

つまり、葬儀にかかった費用の約半分が国税(税金)ということになります!

吉田茂元総理がいかに異例だったかがわかりますね!

歴代の総理の中でもっとも葬儀費用が高額だったのは三木武夫元総理で、総額は2億円を優に超え、税金だけでも1億円を超える費用がかかっています!

そして、一番記憶に新しいのは、2020年のコロナ禍に行われた中曽根康弘元総理の合同葬です!

費用は内閣・自民党と国が折半で支払いましたが、9600万円もの国費(税金)が使われるということで、コロナ禍の中税金の使い道に疑問や非難の声が上がっていました!

この時感染対策も含め、規模は縮小して行われたと報道されていました!

しかし、このように見てみると、中曽根康弘元総理の葬儀費用は相場に近いものであったようです。

では、これを踏まえて、9月に行われる予定の安部元総理の国葬にかかる費用はいくらくらいになるのでしょうか?支払われる税金額について予想していきましょう!

安部元総理の国葬にかかる費用(税金)はいくら?

それでは、安倍元総理の国葬にかかる費用(税金)について、過去の情報などをもとに見ていきましょう!

国葬にかかる費用の内訳

国葬にかかる費用の内訳は主にこのように分かれています。

国葬にかかる費用の内訳
①会場の使用料(日本武道館)
②会場や要人の警備費用
③葬儀にかかる一般的な費用(供花・会場設置費用・人件費など)
④照明や音響などの費用
⑤参列者の接待費・交通費・宿泊費
など
大きく分けると、このようになると思います!

安部元総理の国葬にかかる費用の予想額

安部元総理の国葬にかかる費用(税金)はおそらく過去歴代最高額の2億5千万円超えとなると予想されます!

その理由について説明していきます!

それは、今回の事件を受け、各国の首脳ら要人たちも弔問に訪れる可能性が高いため、警備費用が今まで以上にかかると予測されるためです!

今回、安部元総理の突然の訃報は、警備体制が十分ではなかったことも原因ではないかと報道されています!

そんな中で行われる国葬だからこそ、海外の要人たちが弔問に訪れた際に、万が一のことがあってはならないので、国家として警備体制は強化して行うことが推測されます!

そのため、歴代の総理大臣の葬儀よりもコストは高くなる可能性が高いです!

今まで葬儀にかかった費用で一番高額だったのは、三木武夫元総理で、総額は2億円を優に超えていました!

詳細な数字は出てきませんでしたが、税金として支払われた金額が1億1873万円ということは、単純計算で2倍とすると、葬儀費用の総額は約2億3700万円ということになります!

安部元総理の国葬にかかる費用はこちらを優に超えてくると考えられ、全額税金で支払われるため、少なくても2億5千万円は超えてくるのではないかと推測されます!

安部元総理の国葬にかかる費用は税金の無駄遣いなのか?

それでは、安部元総理の国葬にかかる費用の2億5千万円(予想)は、税金の無駄遣いなのでしょうか?

これにはネット上でも賛否両論分かれており、激しい議論が繰り広げられております。

その一部を見ていきましょう!

みんなの口コミを検証

安部元総理の国葬にかかる費用は税金の無駄遣いだと主張する方の意見はこちらです!

安部元総理の国葬にかかる税金は無駄ではないという意見はこちらです!

 

安部元総理の国葬にかかる費用を仮に2億5千万円だとした場合、2億5千万円という金額は一般国民にとっては、高額ですが、国民一人あたりに換算すると1人あたり約2円という計算になります!

これを高いと感じるか、安いと感じるかはそれぞれの価値観によるのかもしれません。

それすらも無駄だと主張している方は、税金は生きている国民のために使ってほしいという意見もある一方で、葬儀費用として支払われる税金によって、新たな仕事が生まれ、それを担った国民に支払われるのだから、決して無駄ではなく、経済を回すことにつながり、生きた税金の使い方だと主張する方もみえます!

また、外交費用としてみたら、この国葬にかかる税金は、むしろお得なのではないかという意見もあります!

この全額税金から支払われる国葬の費用は、見る角度によって様々な意見があり、今後も激しい議論が繰り返されるでしょう!

まとめ

いかがでしたか?

安部元総理の国葬にかかる費用は、全額税金で賄われ、予測では2億5千万円以上かかる可能性があります!

これについては賛否両論分かれており、「税金の無駄遣いなのではないか。」という声も多く聞かれ、議論の的になっていますね!

1人あたり2円の税金負担を無駄だと思うか、無駄ではないと思うかは、個人の価値観で大きく異なってくるようです。

安部元総理の国葬にかかる費用について、今後も注目していきましょう!

 

管理人
管理人

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました