酒井宏樹選手の年俸推移と移籍金は?ポジションやプレースタイルも解説!

スポーツ

サッカー日本代表として2度のFIFAワールドカップ出場経験があり、現在でも日本代表として活躍を続けている酒井宏樹(さかいひろき)選手!

2022年9月15日には、9月末に行われるドイツ遠征の日本代表メンバーにも招集されました!

そんな酒井宏樹選手の年俸推移、気になりますよね?

また、酒井宏樹選手が現在所属の浦和レッズへ移籍してきた際の移籍金も、気になりませんか?

そこで、今回は、酒井宏樹選手の年俸推移や移籍金、市場価格を表にしてまとめました!

更にポジションやプレースタイルについても動画を交えてご紹介致します!

是非最後までご覧ください!

酒井宏樹選手のプロフィール

まずは、酒井宏樹選手のプロフィールをみていきましょう!

☆本名:酒井宏樹(さかいひろき)

☆生年月日:1990年4月12日

☆年齢:32歳(2022年9月時点)

☆出身地:長野県

☆身長:185cm

☆体重:78kg

☆所属:浦和レッズ

☆利き足:右

☆Instagram:hiroki.sakai_19

☆Twitter:Hiroki.Sakai 酒井宏樹

酒井宏樹選手の年俸推移は?

それでは、酒井宏樹選手の年俸推移を見ていきましょう!

所属チーム 年俸
2009年 柏レイソル 300万円
2010年 柏レイソル 300万円
2011年 柏レイソル 450万円
2012年 柏レイソル/ハノーファー 1,400万円
2013年 ハノーファー 1億1,000万円
2014年 ハノーファー 9,000万円
2015年 ハノーファー 9,000万円
2016年 ハノーファー/マルセイユ 1億2,000万円
2017年 マルセイユ 1億2,000万円
2018年 マルセイユ 1億2,000万円
2019年 マルセイユ 1億2,000万円
2020年 マルセイユ 1億2,000万円
2021年 マルセイユ/浦和レッズ 1億2,000万円
2022年 浦和レッズ 1億円

プロデビュー当時の年俸は300万円ですが、2016年には1億2,000万円もの年俸を獲得するようになった酒井宏樹選手!

7年で40万倍になっています!

主に移籍時に年俸が上昇しており、日々技術を磨き着実にステップアップしていったことがわかりますね!

ちなみに、現在の酒井宏樹選手の年俸は浦和レッズの選手の中で最高額です!

同じく年俸が1億円のキャスパーユンカー選手を除くとアレクサンダーショルツ選手の8,000万円が2番目ですので、数字で見ると年俸1億円の酒井宏樹選手の凄さが更に際立ちますね!

続いて、酒井宏樹選手の移籍金について見ていきましょう!

酒井宏樹選手の移籍金は?

酒井宏樹選手の移籍金は以下の通りです!

所属チーム 移籍金
2012年 柏レイソル→ハノーファー 約1億円
2016年 ハノーファー→マルセイユ 0円
2021年  マルセイユ→浦和レッズ 約2億円

ハノーファーからマルセイユへの移籍はフリー移籍でしたので移籍金なしですが、2012年と2021年の移籍金を比べると倍になっていますね。

Jリーグ(日本のサッカーリーグ)で安定した成績を毎年残している浦和レッズに2億円の価値があると思わせる活躍を海外でしていたのはさすがですね!

現在はそんな期待に答え、浦和レッズのキャプテンとして活躍しているのでやはり凄い選手です。

そんな酒井宏樹選手の市場価格はどうでしょうか?見てみましょう!

酒井宏樹選手の市場価格の推移は?

酒井宏樹選手の市場価格は以下の通りです!

所属チーム 市場価格
2009年 柏レイソル 710万円
2010年 柏レイソル 1,400万円
2011年 柏レイソル 7,100万円
2012年 柏レイソル/ハノーファー 2億8,000万円
2013年 ハノーファー 3億5,000万円
2014年 ハノーファー 5億
2015年 ハノーファー 5億
2016年 ハノーファー/マルセイユ 2億8,000万円
2017年 マルセイユ 3億5,000万円
2018年 マルセイユ 11億円
2019年 マルセイユ 11億円
2020年 マルセイユ 10億円
2021年 マルセイユ/浦和レッズ 6億4,000万円
2022年 浦和レッズ 3億5,000万円

酒井宏樹選手の市場価格は最高で11億円にまでのぼります!

ここ数年は減少傾向にありますが、それでも3億円以上の価値が付いているのは凄いですよね!

ちなみに、2022年現在、日本人サッカー選手で最も市場価値が高いのはアーセナル(イングランドのサッカーチーム)所属の冨安健洋選手で、その額なんと35億2,000万円です!

日本代表メンバーとして頼もしい存在ですね!

次は、酒井宏樹選手がどこのポジションで、どのようなプレースタイルの選手なのか見ていきましょう!

酒井宏樹選手のポジションは?

酒井宏樹選手のポジションはディフェンダーです!

ミッドフィルダーとしてもプレーはできるようで、その場合はサイドハーフ(中盤の外側)でプレーするようです。

ですがメインはやはりサイドバック(最後列の外側)でのプレーです!

では、酒井宏樹選手のプレースタイルはどうでしょうか?

酒井宏樹選手のプレースタイルは?

酒井宏樹選手のプレースタイルは、ただ守備だけをするのではなく、良いタイミングで攻撃に参加し、高精度のクロスをあげることができるのが特徴です!

身長が185cmと体格にも恵まれておりフィジカルが強く、一対一の守備を得意とし、更に長身を活かした空中戦で豪快に弾き返す守備は酒井宏樹選手の武器となっています!

それでは実際のプレーを見てみましょう!

酒井宏樹選手のプレー集まとめ

こちらの動画は酒井宏樹選手のアシストシーンです。

隙をついて相手ディフェンダーの後ろへ飛び出し、サイドから鋭い パスを供給、それが味方のゴールへのアシストとなりました!

こちらの動画は酒井宏樹選手の攻撃参加のタイミングの良さが存分に発揮されていますね!

味方との連携も良く取れています!

こちらの動画は酒井宏樹選手の守備シーンです。

相手選手の動きをよく見て冷静に対応していますね!

まとめ

いかがでしたか?

酒井宏樹選手の年俸推移や移籍金、ポジションやプレースタイルについても理解して頂けましたか?

酒井宏樹選手は年俸推移も移籍金も年々上がっていることがわかりましたよね!

更に、ディフェンダーという守備的なポジションでも、攻撃参加のタイミングの良さやクロスの精度がプレースタイルの特徴であるということがわかりました!

技術を磨き、活躍し続けている酒井宏樹選手。

今年開催されるFIFAワールドカップでも活躍を見るのが楽しみですね!

管理人
管理人

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

タイトルとURLをコピーしました