植田直通選手の年俸推移と移籍金は?ポジションやプレースタイルも解説!

サッカー

フランスのニーム・オリンピックに所属の植田直通(うえだなおみち)選手!

過去、日本代表としても招集されており、FIFAワールドカップカタール本戦でも代表に招集されるかが注目されています。

そんな植田直通選手の年俸推移と移籍金が気になりますよね?

そこで、今回は、植田直通選手の年俸推移と移籍金を表にしてまとめてみました!

また、市場価格とその推移も表にしてみました!

更に、どんなポジションの選手で、どんなプレースタイルなのかも動画を交えてご紹介致します!

どうぞ最後までお読み下さい!

植田直通選手のプロフィール

植田直通選手のプロフィールをご紹介します!

☆本名:植田直通(うえだ なおみち)
☆生年月日:1994年10月24日
☆年齢:27歳(2022年8月時点)
☆出身地:熊本県宇士市
☆身長:186cm
☆体重:77kg
☆所属:ニーム・オリンピック
☆利き足:右足
☆背番号:5
☆家族構成:妻、子供
☆好きなアーティスト:ももいろクローバーZ
☆twitter:@sagantos24
☆Instagram:naomichi.ueda

植田直通選手の年俸推移は?

次は植田直道選手の年俸推移をみていきましょう!

所属チーム 年俸
2013年 鹿島アントラーズ 380万円
2014年 鹿島アントラーズ 500万円
2015年 鹿島アントラーズ 1000万円
2016年 鹿島アントラーズ 1200万円
2017年 鹿島アントラーズ 1500万円
2018年 鹿島アントラーズ 3000万円
2019年 セルクル・ブルージュ 3000万円
2020年 セルクル・ブルージュ 3000万円
2021年 ニーム・オリンピック 6000万円
2022年 ニーム・オリンピック 4800万円

植田直道選手は2013年にプロデビューを果たし、順調に年俸を伸ばしてきましたが、2022年に4800万円と初めて年俸を下げてしまいました。

所属するニーム・オリンピックへは最初期限付きでの移籍でしたが、現在は2023年6月までの完全移籍に変わりました。

ニーム・オリンピックは現在2部へ降格してしまいましたが、植田直通選手が1部昇格へ導く活躍を見せれば、年俸も再度上昇していく事でしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Borussia Mönchengladbach(@borussia)がシェアした投稿


因みに植田直道選手と同じポジションで、ヨーロッパでプレーしている日本の選手、板倉滉(いたくらこう)選手の2022年の年俸は8100万円

現在は板倉滉選手が年俸でリードしていますが、植田直道選手の今後の頑張りに期待したいところです。

植田直通選手の移籍金は?

植田直道選手の移籍金はこのようになっていました。

移籍チーム 移籍金
2019年 鹿島アントラーズ⇒セルクル・ブルージュ 2億~3億円
2021年 セルクル・ブルージュ⇒ニーム・オリンピック 不明

鹿島アントラーズからセルクル・ブルージュへの移籍金は2億~3億円です。

セルクル・ブルージュからニーム・オリンピックへの移籍は最初、レンタル移籍の為、移籍金は発生していません。

植田直道選手はその後、完全移籍となったため、移籍金が発生したはずですが、移籍金がいくらかになるのかと言った情報は見つける事が出来ませんでした。

分かり次第追記していきます!

植田直通選手の市場価格の推移は?

植田直道選手の市場価格はこのようになっていました。

所属チーム 市場価格
2013年 鹿島アントラーズ 1300万円
2014年 鹿島アントラーズ 1300万円
2015年 鹿島アントラーズ 6800万円
2016年 鹿島アントラーズ 6800万円
2017年 鹿島アントラーズ 8900万円
2018年 鹿島アントラーズ 1億5000万円
2019年 セルクル・ブルージュ 1億6000万円
2020年 セルクル・ブルージュ 1億3000万円
2021年 ニーム・オリンピック 1億円
2022年 ニーム・オリンピック 1億円

サッカー選手の市場価格とは、移籍などをする際の移籍金の指標となる価格の事です。

市場価格は為替レートによって変動する為、推定の価格です。

植田直道選手は海外でプレーするようになってからは、1億円以上をキープしています。

因みに現在、日本の選手で市場価格が高い選手は冨安健洋選手で、金額が推定34億円になります。

すごい金額です。

 

植田直通選手のポジションは?

植田直道選手のポジションは、ディフェンダーです。

ゴール前で守備を行うポジションで、センターバックとサイドバックに分けられますが、植田直道選手は主に中央でプレーするセンターバックになります。

それでは植田直道選手のプレーはどんなものでしょうか?

 

植田直通選手のプレースタイルは?

植田直道選手のプレースタイルの特徴は対人戦・空中戦での強さです!

身長186cmで、50mを6.1秒で走る身体能力の高さを誇る植田直道選手は、ゴール前での守備はもちろん、時には攻撃に参加して、得点を奪う事もあります!

植田直道選手のプレーを目にすれば、すぐに身体能力の高さは理解できると思います。

この身体能力の高さはW杯を戦う上でも、日本代表の武器になりますね!

 

植田直通選手のプレー集まとめ

それでは植田直道選手のプレーを一緒に見てみましょう!

ボールがゴール前に放たれた瞬間、相手・味方の選手は一斉に動き出します。

植田直道選手はボールの軌道を正確にとらえ、走り出しますが、相手の選手の守備を俊足で完全に振り切りノーマーク。

そして、落ちてきたボールを頭で的確に捉え、代表初ゴールを決めました。

先の展開を正確に読む頭脳、相手の守備を振り切る身体能力、植田直道選手の頭脳と身体能力のすごさがわかるプレーです。

 

コーナーキックでボールがゴール前に高く放たれ、相手の選手もジャンプします。

植田直道選手は相手よりも高くジャンプし、ボールを頭であわせ見事ゴールを決めます。

相手に競り勝ち、空中でバランスがよい体勢でヘディングを決める植田直道選手の特徴が活かされたプレーです。

まとめ

いかがでしたか?

植田直道選手の年棒や移籍金、ポジションやプレースタイルについて理解して頂けましたか?

植田直道選手の魅力は何といってもその身体能力の高さ!

身体能力を活かしたプレーを続ければ、年俸や移籍金もまだまだ伸びていくと思われます。

これからも植田直道選手のプレーから目が離せません!

管理人
管理人

最後までお読みいただきありがとうございました♪

 

タイトルとURLをコピーしました